社会福祉法人 まつさか福祉会

まつさか福祉会について

沿革

昭和53年10月 小規模授産施設松阪市福祉作業所「向野園」開園
昭和59年5月 社会福祉法人まつさか福祉会設立準備会発足
昭和60年4月 精神薄弱者通所授産施設設置、運営母体となる社会福祉法人まつさか福祉会設立委員会を設置、建設計画を推進する
同年9月 起工式を挙行
昭和61年2月 社会福祉法人まつさか福祉会設立登記、初代理事長に岡田晃三就任
同年3月 精神薄弱者授産施設(通所)向野園完成
同年4月 精神薄弱者授産施設(通所)向野園開園(定員30名)、同時に松阪市福祉作業所向野園の受託経営を松阪市手をつなぐ親の会から継承・開園式、竣工式を挙行
平成4年6月 谷口知大理事長に就任
平成7年1月 向野園増改築工事起工式を挙行
同年7月 竣工式を挙行、松阪市福祉作業所向野園(小規模授産施設)を閉所
同年8月 定員50名の認可施設開園、開所・閉所式を挙行
平成8年4月 10周年を祝う会を挙行
平成11年4月 向野園、定員を56名に変更、「精神薄弱」から「知的障害」に用語改正
同年6月 向野園、定員を59名に変更
平成13年4月 15周年を祝う会を挙行
平成15年4月 グループホーム・ウイングハート(定員7名)開設、短期入所事業(日中受入れ・成人)開始、支援費制度がスタート
同年10月 向野園、定員を60名に変更、大口分場開設(定員12名)
平成16年2月 評議員会を設置
同年4月 大口分場、定員を15名に変更
同年6月 木村了理事長に就任
平成17年1月 大口分場、定員を16名に変更
同年4月 短期入所事業(日中受入れ・児童)を開始、短期入所事業(宿泊・成人児童)を開始
同年7月 グループホーム・かどやホーム(定員4名)開設
平成18年4月 20周年を祝う会を挙行、障害者自立支援法が施行
同年9月 八重田分場完成(定員12名)開所式挙行
同年10月 八重田分場竣工式を挙行、短期入所事業制度改正に伴い一本化、地域活動支援センター事業(日中一時支援事業)開始
平成19年4月 向野園大口分場、定員20名の生活介護事業所ベルフレンドに移行
同年8月 グループホーム・ケアホーム「ま・さ・る‘ず」ホーム(定員4名)開設
同年10月 移動支援事業開始
平成20年3月 向野園生活支援スペース完成、生活介護事業所ベルフレンド増改築工事完了
同年4月 向野園生活支援スペース竣工式を挙行、生活介護事業所ベルフレンド竣工式を挙行
同年6月 太田正隆理事長に就任
平成22年4月 向野園、定員48名、向野園八重田ファーム、定員12名の生活介護事業所向野園、生活介事業所向野園八重田ファームに移行
同年11月 向野園菓子工房&ショートステイ棟完成、竣工式を挙行
平成24年4月 ベルフレンド、定員を30名に変更
平成25年12月 グループホーム・れいんぼーホーム(定員4名)開設
平成26年4月 向野園八重田ファーム、定員20名の生活介護事業所八重田ファームに移行
同年5月 向野園、定員を60名に変更
同年10月 相談支援センターまっつぁか開設
平成27年9月 八重田ファーム増改築工事完了
同年10月 向野園、生活介護(定員45名)、就労継続支援B型(定員15名)
八重田ファーム、生活介護(定員10名)、就労継続支援B型(定員10名)の多機能型事業所に移行
平成28年6月 グループホーム・ひおかホーム(定員4名)開設
同年7月 グループホーム・ウイングハート、定員を7名に変更
平成29年10月 八重田ファーム農舎完成
平成31年3月 お菓子工房M完成
同年4月 向野園就労継続支援B型事業、定員20名の就労継続支援B型事業所お菓子工房Mに移行
向野園、定員を40名(生活介護事業所)に変更
お菓子工房M落成式を挙行
令和5年4月 ベルフレンド、定員を20名に変更
お菓子工房M、定員を30名に変更
令和6年4月 八重田ファーム、定員を生活介護8名、就労継続支援B型12名に変更